文京区の会計事務所・税理士事務所

宇野会計事務所
HOME文京区 会計事務所 所長インタビュー会計事務所 所長インタビュー サービス案内サービス案内 顧問料税理士 顧問料 事務所概要会計事務所概要
所長インタビュー

会計事務所 所長インタビュー 2年目の黒字化計画

黒字化計画の手始めに

イメージ−創業期の企業にとって一番大切なことは何でしょうか?−

[宇野] 当然ながら、売上であり利益です。しかし、それだけで黒字を継続することはまず不可能です。近い将来、必ず壁に突き当たります。

では、売上と利益の他に何が必要か?それは「正しい業績を知ること」です。理由は簡単です。今月、会社は儲かっているのか?それとも赤字なのか?を知らずして、手は打てないからです。

月次決算で会社は変わる

−具体的にはどうすれば良いのですか?−

[宇野] 毎月、決算をすることです。私たちは月次決算と呼んでいます。決算は年に1回、と思われていますが、それは納税のため。会社の業績をリアルタイムで知るために毎月決算して欲しいのです。

−月次決算するとなぜ黒字を継続できるのですか?−

[宇野] 社長は嫌でも毎月の業績を目にすることになります。黒字か赤字かを毎月突きつけられます。これまでドンブリ勘定で経営をしてきた多くの社長は、業績に対して真剣に取り組まざるを得なくなるのです。

売上額だけを見て行う経営判断は非常に危険です。黒字化を本気で目指すには、利益を重視した経営スタイルに変化する必要があるのです。

資金繰りや銀行対策に効果的

−他に具体的なメリットはありますか?−

[宇野] 月次で資金管理をしていくので、先々の資金繰りが見通せるようになります。月末にフタを開けたら資金ショート、などといったことはなくなるわけです。

また、月次で決算している企業は、金融機関からの信用力がグンと高まります。仮に赤字だったとしても、先々の業績予想を数字で説明できるので、借入れが可能になるケースもあるのです。

節税対策も多くの選択肢から

−節税の側面からはどうでしょう−

[宇野] 先々の業績予測を高い精度で行う、ということは、年一回の決算時の業績を、ある程度前から予測できるということです。つまり、決算時に黒字額がいくらなのか?それとも赤字なのか?があらかじめわかるのです。

だとすれば、設備投資時期の見直し、保険を使った節税手段を講じるなど、様々な選択肢を手にすることができます。一方、決算直前に黒字だとわかっても、選択肢はほとんどないのが実情です。

毎月訪問。わかるまでご説明する。が基本

イメージ−月次決算はどのように行うのですか?−

[宇野] 宇野会計事務所では、大半のお客様から伝票や帳票類をお預かりし、代わりに会計ソフトに入力し、月次の試算表を作成しています。ただし、「作ってハイ終わり」ではありません。

毎月、所員が訪問し、最新の業績についてレビューします。実は試算表の読み方が分からない経営者の方も多いので、ご理解いただけるまで丁寧にレクチャーを行います。また、月次の業績から、次にどんな手を打つべきか?についてもご説明しています。月次の試算表は読み方や活かし方さえわかれば、驚くほど多くのことを教えてくれるのです。

月次決算を可能にする月次訪問監査

−月次訪問監査にも力を入れていらっしゃるとか−

[宇野] 企業に経理担当者がいらっしゃる場合、毎月訪問して、経理処理が正しくなされているかを帳簿や請求書と照らし合わせながら細かくチェックしています。経理の方からイレギュラーな処理についてのご相談もその場で即答できるよう心がけています。

ただし、これは経理担当者がいらっしゃる場合です。創業期の企業ではむしろアウトソースするほうが、費用的にも得だと思います。

社長本来の仕事をして欲しい

−なぜ経理のアウトソースを推進されるのですか?−

[宇野] 創業期の社長はとにかく忙しい。営業はもちろん商品開発や人の採用や育成、経理や雑務すべてを一人で行っていることが多いものです。しかし、この状態は企業の成長スピードを遅らせる大きな原因になります。

だから、社長はとにかく売上を上げ、利益を検証することに専念して欲しい。そのためにも、経理や雑務は誰かにやらせなくてはなりません。しかし、人を雇うとなると、採用コストや教育面で負担がかかります。そこで作業レベルの経理は外注化して、毎月の業績管理を社長が行うことをお勧めしているわけです。

経理はスリムに合理的に。経営に役立つ経理を手に入れて欲しい

−世間で言う「記帳代行」というサービスと同じなのですか−

私たちのサービスは少し違います。一見似て非なるもの。そうお考えください。世間のそれは「ただ伝票を入力をする」だけです。だから、そこにアドバイスも分析もない。

しかし、私たちが、会計ソフトへの入力を行うのは、毎月スピーディな月次決算を目指しているから。入力が遅れてはタイムリーな業績を見ることができず、効果は半減します。私たちのサービスのすべては、経営者が数字で経営判断をするために存在するのです。

創業期の企業のお役に立ちたい

イメージ−お客さまはどんな会社なのですか−

[宇野] お客さまの多くは創業期の企業です。設立1〜3年目で売上5億未満。従業員も数名から20名弱といったところでしょうか。これから設立するというお客さまも多いですね。会社を設立する方が、設立に関する様々な相談をなさるために、お見えになるケースも多いです。

−創業期の企業サポートを強化されていると伺いましたが−

[宇野] はい。創業期の企業経営はとにかく不安定なものです。事業がやっと軌道に乗ったと思ったら、いきなり資金ショートに陥ったり。投資すべきでないときに投資したり。金融機関から借入れを渋られたり。

でも、リアルタイムで正確な資金管理を行うだけでも、苦労せずにすむことは多いのです。知っていれば避けられるリスクは想像以上に多い。そして、その方法を私たちは知っています。宇野会計38年の経験は必ずお役に立てるはずだ、そんな熱い想いでお手伝いをしたいと願ってます。

−今日はどうもありがとうございました−

月次訪問監査・月次決算
経理代行・パソコン会計導入
決算・申告業務
所長インタビュー
顧問料
お問い合せ

Copyright(c) 2006 UNO ACCOUNTING OFFICE. All Rights Reserved.

個人情報保護について MAP お問い合せ 宇野会計事務所トップページへ